霊能者が語る、ホテルの部屋に現れる霊について【前編】 - 幽界便り - 電話鑑定 愛恵

鑑定のご予約・お問い合わせ

閉じる

幽界便り

霊能者が語る、ホテルの部屋に現れる霊について【前編】

霊能者が語る、ホテルの部屋に現れる霊について【前編】

ホテル・旅館などの宿泊施設に、霊が現れるのはよくある話と言えるでしょう。ホテルで、もしくはホテルが建つよりも前に、その場所で亡くなったひとの霊であることが多いようです。大切な仕事の出張中、楽しい旅行中に心霊体験をするというのはあまり気分のいいものではありません。最悪は取り憑かれてしまう危険性もあります。そこで今回は、前半にわたし自身の霊体験と、宿泊に注意が必要なタイプの施設をご紹介し、後半には避けるべき宿泊施設の特徴や調べ方をご紹介しましょう。

銀座の小さなホテルでの霊体験

わたしがまだ20代前半だった頃のこと。お世話になっている方のイベントをお手伝いすることになったのですが、スタートが早朝だったので、イベント会場の近くのホテルに宿泊することにしました。銀座の有楽町寄りにある古いホテルを、いっしょにお手伝いする友人と予約。理由は安かったからです。近隣の相場を考えると、ずば抜けた安さで、いまにして思えば一等地にしてはおかしなことだと思います。実際に訪れると、古びた小さい低層階のホテルで、まわりのビルに埋もれるように建っていました。

ホテルに一歩入ると、うす暗く、むかしの建物らしく天井が低かったです。気のせいか湿度を感じのですが、「安いからしかたない」と思って、フロントでチェックインを済ませ、部屋に向かいました。カードキーではなく、大きな長いキーホルダーが付けられた、ふつうの金属製の鍵。通常、それでもホテルの鍵はドアを閉めれば勝手にかかるものです。しかし、そのホテルの鍵は自分で施錠しなければなりませんでした。「かけ忘れないようにしなければ」と思ったことを覚えています。

イベントはチェックインの翌日でしたので、その日は早めに休むことにしました。22時にはふたりともベッドに入り、寝たと思います。深夜、わたしは目を覚ましました。いつも深夜の1時頃に寝ていたので、寝るには早過ぎたのかもしれません。このまま眠れないとまずいなぁ、と思ったつぎの瞬間のこと。いきなり「ガチャッ」とドアが開く音がしたのです!わたしはふとんを頭から被っていた状態で、何も見えませんでしたが、音と気配でドアが開いて、誰かが入ってくるのはわかりました。「ドアの施錠はしつこいほど確認したのに、まさかフロントのひと? 」

しかし、ホテルのスタッフが合鍵を使って無断で稼働中の客室に入るなんて、まず考えられません。「いうことは…不審者? 」わたしは恐怖で身を硬くしたまま、動くこともできません。「下手に騒ぎ立てて殺されでもしたら…」という気持ちもありました。すると足音はわたしから見て左側のドアから、反対側の隅に設けられたクローゼットに移動したのです。足音が止んだと思ったら、今度はクローゼットの扉を激しく開け閉めする音が響き渡りました。

「バタン、バタン、バタン‼」 かなり大きな音が3回くり返されました。そして「はぁー」という、長く不気味な、深いため息をついたのです。「これはこの世の者ではない」と、そのとき悟りました。足音はクローゼットからドア方向に向けて移動し、やがてドアが開閉する音と共に気配が消滅。わたしは動悸が収まりませんでしたが、しばらくして起き上がり、ドアを確認しました。驚くべきことに、きちんと施錠されていたのです。翌朝、友人に確認したところ、まったく気付かなかったと言われました。あのクローゼットのものすごい開閉音に気付かないとは、不思議でしたが。

霊現象の起こるホテルの特徴

じつはわたしはもう一軒、ホテルでの霊体験を持っているのですが、ふたつのホテルに共通の特徴があります。天井の低さと、建物全体の暗さ、そして湿度の高さです。ほかの体験者の方にお聞きした特徴としては、以下のようなものがあります。

  • 使用しているスマホ、ホテル室内の照明・テレビなど、電気系統の不具合が起こる
  • 異常な寒さや暑さを感じる
  • エレベーターの不調
  • 気味の悪い絵画や置物がある

宿泊先を探しているとき、以上のような報告をしているレビューを見たら、注意が必要です。霊体験をしたというダイレクトな報告は削除されてしまうでしょうから。

そのほか、気を付けるべき宿泊施設

シーサイドホテルは眺めもよく、開放感があり、癒されますが、潮の流れによっては水死体が流れ着くところがあります。その海岸でそのような報告がないか、調べたほうがいいでしょう。周辺の相場より極端に安い価格設定のホテル、転用施設にも気を付けてください。元々マンションだったホテルなどはいわく付きの場合があります。 海外ですが、病院をホテルに転用しているケースがあり、あまりいい噂を聴きません。転用施設への宿泊は避けた方がいいかもしれません。また、近年はラブホテルでも、観光・出張ユースをアピールしているところがあります。しかし、悪い気が溜まりやすいとも言われていますので、避けた方が賢明でしょう。

ホテルでの霊体験、霊現象の起こりやすいホテルの特徴についてご紹介しました。後編では、泊まらないほうがいいホテルについて、もう少しくわしくご説明したいと思います。楽しい旅行や快適な出張をするために、あなたもぜひチェックしてみてください。