スピリチュアルパワーを得たいなら、まずは自分軸を確立せよ - 電話鑑定 愛恵

鑑定のご予約・お問い合わせ

閉じる

愛恵の叡智

スピリチュアルパワーを得たいなら、まずは自分軸を確立せよ

霊的パワーに満たされた順風な人生を歩むためには、宇宙の創造主・神仏から充分なご加護や援助を得る必要があります。そのためにはまず、「ひとはひと、自分は自分」という認識、つまり、自分軸を確立しなければなりません。今回のコラムでは、その理由をご説明しましょう。

他人軸は人間を崇める行為

スピリチュアルパワーを得たいなら、まずは自分軸を確立せよ

大いなる存在は人間が同じ人間を生き神さまとして崇める行為にたいへん失望されます。なぜなら、地上に生まれているうちはまだ転生中で言わば修行の身。よりよく生きるために見習うならよいのですが、崇めるのはタブーだからです。わたしたちが倣うべきは愛を重んじ、魂の向上をめざすという霊界の法則であり、気に掛けるべきは「神さま・仏さまから見て、どう思われるか」ということだけと言えるでしょう。

ひとの顔色・反応をうかがい、強く意識することは、地上の人間を神仏と崇めているに等しいこと。生き神さまをつくっているのと同じこと。ひとがどう思おうと、自分が大いなる方に従う生き方・行動ができていれば、ほかの誰の意向も気にする必要はありません。それこそが霊的な意味での自分軸であり、当然、それができていないと大いなる存在のパワーが得られず、人生がうまくいかなくなってしまうのです。

自分軸がない生き方がもたらす、おそろしい霊的弊害

他者からどう見えるかビクビクしながら生きる、他人の思考や行動に合わせることを意識する、あるいは孤独を恐れ、誰かを自分に繋ぎ止めておくために小細工をすることは、自分軸で生きていないことを意味しています。

嫌われたくない、仲間はずれになりたくない、もしくは、注目され人気を得たいなどと願い、つねに頭の中は他人の動向でいっぱい。いつもそこに注意をとられ、思いを巡らせていることによって、自分の本質である霊的エネルギー体=魂や幽体、霊体と肉体がズレてしまうのです。本来の霊質とかけ離れた思考や行為をくりかえして行けば、そのような霊的解離は進行します。

しかも、つねに他人の顔色をうかがうことに必死なので、疲労が蓄積し、自分がすべき使命はさぼりっぱなしになるため、大いなる存在からのパワーが得られません。霊的に枯渇し、自分のコアから大いなる存在が消えて空洞化しているため、ひんぱんに虚無感に襲われるようになり、最終的には不幸のスパイラルにはまり込みます。

自分軸で生きてこそ、霊的パワーが安定供給される

「改心」は「回心」であり、大いなる存在・霊界の理に向かって心を回し、向けることに他なりません。自分軸が完成すれば、霊的パワーの安定供給が実現することになり、不安や恐れ、他者依存からも開放され、パワースポット訪問に血道を上げる必要などなくなるのです。いつも生き生きと喜びにみたされ、幸運に恵まれる、神さま・仏さまのお気に入りになりたい方は、ぜひ自分軸を意識してみてください。