心霊問答集~霊に訊く 第四回(3)「事故で亡くなった女の人の霊を、家へ連れ帰ってしまったみたいなのです…」 - 電話鑑定 愛恵

鑑定のご予約・お問い合わせ

閉じる

愛恵の叡智

心霊問答集~霊に訊く 第四回(3)

事故で亡くなった女の人の霊を、家へ連れ帰ってしまったみたいなのです…

松島さんの感想

事故で亡くなった女の人の霊を、家へ連れ帰ってしまったみたいなのです…

おかげ様で霊の正体が分かりました。私の母方の従妹でした!

エリコという名の同い年の子で、母方の叔父の1人娘だったのですが、彼女がまだ小さい頃にその叔父が離婚して奥さんの側に引き取られたという経緯があったため、私も祖父の家で2~3回、顔を合わせたきりになっていたのです。それもまだお互いに小学校に入るか入らないかの時分のことですから、今さら歳を取った本人の姿を見ても気づけるはずはなく、彼女には本当に申し訳なかったと思っています。

愛恵の先生からのアドバイスに従って、翌日すぐに実家の母に電話を掛け、エリコちゃんのお父さんである叔父の近況を聞きました。しかし、母自身も10年近く連絡を取っておらず、「今、どこで何をやっているのかも分からない」とけんもほろろでした。

じつはこの叔父は以前、工業資材関係の会社を経営していたのですが、バブル崩壊の時に負債を抱えて倒産してしまって、半ば失踪するような形で姿を消していたのです。

しかたなく今度は母方の本家に連絡し、そこの家の跡を継いでいる別の従兄に助けを請いました。ちなみにその人が、エリコちゃんの霊が言っていたキクオさんです。

彼に色々と調べてもらった末に叔父の現住所らしきものが出てきまして、試しに電話を掛けてみたのですが、すでに回線は使われていませんでした。そこでキクオさんにも同行してもらって、該当する住所のマンションに直接、出向いてみたところ、さらに新たな転居先が判明し、はるばる静岡県内で何とか当人と再会することができました。

叔父は実の娘の死を知らされていませんでした。その場ですぐに別れた奥さんの身内と連絡を取ってもらい、ようやく詳しい状況が明らかになりました。

エリコちゃんが亡くなったのは、今から3ヶ月ほど前のことだったそうです。スクーターで走行中、交差点でワゴンと衝突し、全身打撲で即死状態だったと…。その事故現場というのはもちろん、息子がご供養の献花を見たというあのコンビニ裏の道路でした。 可哀想なことに、叔父の別れた奥さんは重い認知症を患って施設に入所中で、代わりにその妹さんという方が簡単な葬儀を執り行ったそうなのですが、骨壺を納めるための肝腎のお墓がないため、エリコちゃんの遺骨は無縁仏を供養するお寺の施設に預けたままになっていると分かりました。

一連の事情を知るにつけ、いまだに涙が止まりません。できるだけのことはしてあげたい、と思っています。

この件に関するその後の経過

ご報告いただいたところによれば、故人の遺骨は松島様のお母様方のご実家が引き取ることとなり、すでに現在はその家のお墓に納められているそうです。また、納骨の日を境に霊の出現がパタリと止んだとも伺っています。

果たしてエリコさんという方が、ご自分が命を落とした事故現場へ松島様のご家族を引き寄せてしまったのか、あるいは単なる偶然の巡り合わせに過ぎないのか、その辺については定かではありませんが、無事に問題解決となったのは何よりです。

前段にも書きましたが、松島家の皆様は揃って霊感体質の生まれです。とくにその傾向が強いのが娘さん、続いてご主人の資質もなかなか素晴らしく、お仕事などで直感が当たり、何かにつけて上手く運ぶという体験も多いのではないでしょうか。現在は営業職としてお勤めとのことですが、この能力を良い方向に活かしきることができれば重役コースも夢ではありません。

ご主人の松島家は、その本家筋を数代遡ると、恐らく神職や修験者などを多数輩出していた家系のはずで、今も子孫の一部が特殊な血筋の名残りを受け継いでいます。さらにまた松島様ご自身の父方の筋も、これと似たような家系であったようです。従って今後も様々な心霊現象に見舞われる可能性が高いので、できれば神道や仏教などオーソドックスな宗派の信仰に帰依なさると宜しいかと思います。

具体的にはお仏壇での読経を習慣にされるとか、もしそれがなければ地元の氏神様や大きなお寺へ足繁く通って参拝するといったことですが、中でもご主人のご先祖筋と縁の深い赤城神社から御札をいただいて、神棚などにお祀りするのがベストです。危うい時には必ず、御神仏のご加護をいただけるようになるでしょう。

とは言え、お祓いや除霊が必要な事態となれば、それを素人の方がこなすのはとても無理ですから、これからも何か気になる出来事が起きた際は、どうぞお気兼ねなくご相談ください。当鑑定所には私以外にも豊富な経験を積んだ一線級の霊能者が数多く在籍しておりますので、大抵のケースでは電話越しの遠隔除霊だけで事が済むはずです。

(3)