鑑定のご予約・お問い合わせ

閉じる

鑑定体験談

恋愛
三角関係

「その人です!」と恋のライバルを断定した都亜子先生

山崎玲美さん 26歳 販売職 大阪府寝屋川市

三角関係

交際相手の態度が急に冷たくなったような気がして、女性誌の広告で目にしたことがある愛恵にお電話してみました。待機中ですぐ鑑定してもらえる先生は5人いたのですが、何となく名前がピンと来た都亜子先生を指名。初めにこちらの状況を簡単に説明すると、「あなたの周囲に頭文字がHで始まる同年代の女性はいますか?」と問われました。そこでスマホ片手に必死で思い浮かべ、次々に下の名前を伝えていったのですが、先生は「その人ではありません」と繰り返し、最後に「高校時代からの友達に保奈美という子がいます」と言うと、「ああ、その人です!間違いありません!」と断定されました。

「その女性、髪がショートで活発な雰囲気の人ですよね?」「はい。竹を割ったような性格というか、いつもちゃきちゃきした感じです」「服装はパンツルックでトップはオレンジ系が多いでしょう」「ええ、たしかにそうですね」「その保奈美さんという方が、今、あなたの恋人と一緒にいるんですよ」。そう言われて愕然としました。彼の態度が変わり始めたのが、保奈美を紹介した頃と重なっていたことに気づいたからです。「まさか、保奈美が?!」「そのまさかです。電話しても出ないと思うので、すぐに思い当たる場所へ出かけてみてください」

とりあえず真偽を確かめるため、彼の行きつけのバーへ飛び込んでみたら、本当に当人たちと出くわしてしまいました。そんなわけで現在、泥沼の三角関係状態です。でも、「最終的にはあなたが勝ちます」との都亜子先生の言葉を信じて日々、女のバトルを繰り広げています。