鑑定のご予約・お問い合わせ

閉じる

物霊を知る「物に宿る」

第二十八回

不幸を招く遊歩道

20代の女性の方からお悩み相談をいただきました。「家の近所に遊歩道があって、とても好きな場所なのに、通ると必ずその後嫌な目に遭うんです」とのこと。その遊歩道を通ると、その後さまざまな不幸に襲われるそうです。霊障問題を疑われてご連絡してこられたようですが、霊視の結果、意外な事実が判明しました。

ご相談背景の要約

不幸を招く遊歩道

今回のご相談者様は20代女性の麻奈さん。社会人として働く傍ら、プライベートでも恋や友達づきあいを楽しんでいる、活気あふれる独身女性の方です。しかし、そんな麻奈さんには最近気がかりなことがあるそうです。「行くと必ず嫌な目に遭う場所があるんです。近所にある遊歩道です。閑静な住宅街にあって、特にいやな雰囲気もないし、好きな場所なんですけど……」電話越しにそうお話されました。

麻奈さんは社会人2年目とのことで、今お住まいの街には一年前に引っ越してきたそうです。近所の遊歩道は当時見つけて「すぐ気に入った」とのこと。しかし、そこを散歩すると、その後嫌なことが起きることに気付いたんです。嫌なことは必ずその日のうちに起こります。LINEで友達と喧嘩したり、いい感じになっていた人から突然電話が掛かってきて振られたり、変質者に狙われたり……。最初は「気のせいかな」って思ったそうですが、先日通った後、車に轢かれそうになり、「気のせいじゃない」と確信したそうです。

「霊的なことには詳しくないので理由を知りたくて、霊能者の先生に一度聞いてみようと思って電話しました。本当に何もおかしいところのない綺麗な遊歩道なんです。どうして通ると嫌な目に遭うのか、わかるならぜひ教えて下さい。やっぱり霊の仕業ですか? 鑑定をお願いします」とのことでした。

鑑定所見より

ご相談者様がその場所を訪れた後、身に起きる不幸。これには霊的な原因があります。ですので、説明も霊的なお話となりますが、まず申し上げておきたいのは「不浄霊や地縛霊といった霊障問題ではない」ということです。これは強いて言うなれば「相性の問題」です。

人と人との間に相性があるように、土地と人の間にも相性があります。相性の良い場所を訪れれば、自然と良い気分になって運気が上がったり、逆に相性の悪い場所を訪れれば、なぜか嫌なことばかり起こるようになったりするのです。土地には霊的なパワーが息づいていますので、それが人の持つ霊的なパワーと相性問題をもたらすのです。

「観光名所」「パワースポット」などと呼ばれるような場所は、多くの人に良い影響をもたらす場所ですが、稀に相性が合わない方もいらっしゃいます。そういう方がそういった名所を訪れた場合、体調を崩されたり、精神状態が悪くなったり、不運に見舞われたりします。それと同じことが、ご相談者様のお住まいの近くにある遊歩道で起きている、ということです。決してそこに原因があるわけでも、ご相談者様に原因があるわけでもなく、「相性の問題」と申し上げる他ございません。

ですので、「不幸な目に遭いたくない」というのであれば、その遊歩道はなるべく通らないようにされたほうが賢明でしょう。