鑑定のご予約・お問い合わせ

閉じる

愛恵の叡智

霊能者往復書簡 第一回(1)

浮気性の疑いがある彼とは、やはり別れるべきでしょうか?

お客様と愛恵所属の霊能者とのメール相談のやりとりを日付順に公開するという形で、ひとつの悩みが氷解するまでのプロセスを、記事として再現しています。鑑定をお受けになる際の参考にしていただければ幸いです。
※これは特別企画として実施しているものであり、通常は返信を重ねる形でのメール鑑定は承っておりません。何卒、ご了解ください。

【今回の相談者】丸尾悠実花さん(仮名)・28歳・茨城県水戸市在住・会社員の方

Subject最近、復縁した彼のことについて

霊能者往復書簡

先生、こんにちは。メールで鑑定していただくのは初めてなので、要領が分かりません。でも、自分の悩みを書けば良いわけですよね。ちょっと長くなると思います。ごめんなさい。

今、悩んでいるのは、ほんの数週間前に復縁したばかりの交際相手のことです。そもそも、どうして別れたかというと、その原因は彼の浮気未遂でした。今年の春、私が住む北関東でもようやく桜が咲く季節、彼の勤め先でお花見を兼ねた飲み会が開かれました。そこはわりとオープンな職場で、多くの社員が自分の奥さんや旦那さん、あるいは独身の恋人持ちであればカノジョやカレシを連れて参加するということをたまたま知っていました。ですが、どういうわけかその時には彼から私に声が掛からなかったんです。

こちらから「連れて行ってよ」とねだるのも何だか図々しいというか、癪な気がしたので、私の方も当日まで知らんふりをしていました。そうしたら当日の午後になっても、やはりお誘いはなし。実際に行く、行かないは別にしても声くらい掛けてくれてもイイジャンと少し腹が立っていたところに、同僚数人から「帰りがけに公園の桜を見ていかない?」と誘われ、言われるままにふらふらついていきました。

そしてその流れでこっちも飲み会みたいな感じになって、女ばかり5人で近くの繁華街へ繰り出したのですが、何とそこで彼と出くわしてしまったんです。しかも状況が最悪で、向こうは会社の宴会のテーブルから離れて、同僚らしき女の子と店先の陰で密かにイチャついていました。私の顔を見たとたん、血の気が引いたのまで分かりました。くだらない言い訳は聞きたくなかったので、その瞬間から連絡を断ち、やがて2~3週間もすると向こうからもメールや電話が一切来なくなったので、これはもう終わりだと覚悟したんですが……。

そうしたら9月に入ってすぐ、共通の知人との飲み会の席で偶然再会してしまって。その飲み会の後で頭を床に擦りつけるほどの勢いで謝罪され、「自分の会社の宴会に誘うのは、気詰まりで迷惑だと思った」「あの子は酒癖が悪くて誰にでもああする。もちろん、あの後は何もなかった」「今後は誤解されないように気をつける」といった説明を果てしなく繰り返された挙げ句、最後は私も根負けして、やり直すことに同意したというわけです。

心底から愛想が尽きたのなら、どんなことを言われても自分は拒絶するはずなので、こちらも彼への気持ちが残っていたということは否めません。でもそれよりも問題なのは今回のような未遂を含めて、彼が過去にも似たようなトラブルを起こしていることなんです。近くに住む叔母など年上の人に話を聞くと、「男の浮気癖は一生治らない」と自信たっぷりに言われます。また、自分でも(もし結婚したら一生、苦労するんだろうな)と、薄々感じています。情にほだされて復縁してしまいましたが、やはりきっぱりと別れるべきだったのかどうか、霊能者の先生からのご意見をお聞かせください。

先生からの返信

SubjectRe:ご両人の内面と状況などを霊視しました

丸尾様、こんにちは。

まず明快な文面、そしてそこに若干の霊視を加えて見てみても、聡明でハキハキとした性格の方であることがよく分かります。そのような女性ですから、自分で確信して見切りをつければ誰かに相談するということもなく、迅速に決断されるはずです。しかし、あえてそうせずに私のような者にまで相談するということは、丸尾様の彼に対する愛情、未練はご自身が自覚おられるよりもはるかに強くて大きなものなのではないでしょうか。

あなたを遠隔霊視させていただいてまず気づくのは、その結婚願望の強さです。同時に三十代がそろそろ見えてきた焦り。そうした切迫した感情が、毎晩寝ている頭の中で暗雲のように垂れ込め、渦巻いている様子が窺われます。「今の彼を逃したら、自分は結婚できないのではないか」という強迫観念めいた思いから、まずはいったん離れるべきだと思うのですが、いかがですか。

相手の男性も霊視させていただきましたが、性格的にやや優柔不断で、女性問題に限らず誘惑をはねのける強さに欠けている面があると言わざるを得ません。そうしたところはあなたも嫌で、前々から治して欲しいと願っていらっしゃいますよね。でも、なかなか治らない。そして、小さな衝突が繰り返される。そんな情景が頻繁に浮かんでまいります。

過去にさかのぼった霊視もいたしました。お2人が初めて出会ったのは、コンサート会場のような場所ですね。そのビジョンの中には近くに皇居の風景も見えるので、そこは武道館だったかもしれませんね。いずれにしてもあなたの方から先に声を掛けて、彼から何事かを丁寧に教えてもらい、それで好感を持ってさらに会話を交わしましたよね。そのうちに偶然、同郷だと分かり、意気投合してその日は一緒に帰り、再びあなたの方から彼に連絡を取って交際が始まった……。この一連の流れを見てみると、当初からあなたが彼をリードしていたことが分かります。

そこで逆にこちらからの質問なのですが、初めて彼の顔を見た時、どんな印象を覚えましたか。簡単でもけっこうですが、できるだけ日にちをかけてじっくりと思い出してからお返事ください。具体的な助言などは、その返信を通して追々させていただきます。

(1)