鑑定のご予約・お問い合わせ

閉じる

愛恵の叡智

神社参拝のルールと願い事の伝え方

神社参拝

神社は日本人の生活と馴染みの深い施設です。生まれてから一度も神社に参拝したことがないという方はいないと言っても過言ではないはずです。「願いを叶えたい」「幸運に恵まれたい」「無病息災でありたい」などと思う時、最寄りの神社に足を運び、両手を合わせてお願いします。また、そうでなくても、年明けの初詣などで家族や恋人と神社に参拝します。今回は、参拝の前に一目見るだけで理解できる正しいルール一覧、また神様に願いをよりいっそう届けやすくする伝え方をご説明したいと思います。

神社の参拝ルール(簡易版)

初詣などで神社に足を運ぶと、境内は大勢の人でにぎわっています。本来であれば正式なルールで参拝するのが望ましいのですが、現実的に難しい場合は、本来のルールを簡略化させて参拝すると良いでしょう。

  1. 鳥居の前で軽く一礼
  2. 参道に並んで拝殿へ向かう
  3. 鈴を鳴らし、お賽銭を入れ、二礼・二拍・一礼
    願い事がある場合は、二拍と一礼の間で念じる
  4. お札やお守りを求める場合は、社務所へ行く
  5. 帰り際に鳥居をくぐったら、振り返って軽く一礼

神社の参拝ルール(正式版)

本来の参拝ルールはこちら。季節の行事などではなく、個人的なお願い事があって神社に行く時、また境内にあまり人が多くない時などには、こちらの正式版の手順で丁寧に参拝してみましょう。

  1. 鳥居の前で軽く一礼
  2. 参道のなるべく脇を歩いて手水舎に向かう
  3. 手水舎では、まず右手で柄杓を持って水を汲み、左手を清める
    次に左手で柄杓を持って水を汲み、右手を清める
    今度は右手で柄杓を持って水を汲み、左手に受け、その水で口をすすぐ
    また右手の柄杓で水を汲み、口に付けた左手を清める
    最後に柄杓を元の位置に戻し、拝殿(お参りする場所)へ向かう
  4. まず拝殿の前で軽く立ち止まり、両手を合わせる
    鈴があれば鳴らし、お賽銭を入れ、二礼・二拍・一礼
    願い事がある場合は、二拍と一礼の間で念じる
  5. お札やお守りを求める場合、社務所へ行く
  6. 帰り際に鳥居をくぐったら、振り返って軽く一礼

以上が参拝ルールになります。「二礼・二拍・一礼」については神社によって流儀が異なる場合があります。また簡易版、正式版と書きましたが、混雑した神社で無理に参道の端を通ろうとしたり、正式版の参拝を意識し過ぎたりする必要はありません。神様も状況に応じてある程度ルールを崩すくらいなら許してくれます。また多少ルールを崩すことより、無理に正しい手順で参ろうとして他の参拝客に迷惑をかけるほうが、断然神様の機嫌を損ねてしまうでしょう。

詳しい説明

参拝の手順を詳しくご説明します。
鳥居の前で軽く一礼する動作。鳥居は神様の住居において門にあたるものです。鳥居をくぐった先は神様の縄張りとなっています。ですから、「今からお邪魔させていただきます」という気持ちを込めて一礼するのが礼儀正しい参拝者です。

手水舎について。手と口を洗うのにも意味があります。人の手や口には穢れが溜まっていますので、神前に足を運ぶ際には、なるべくその穢れを清めておくべきなのです。なお、柄杓に直接口をつけて口をすすぐ人が時々いますが、これは絶対にやってはいけないことです。

拝殿での流れについて。鈴を鳴らすのは、誰かの家にお邪魔する際にインターホンを鳴らすのと全く同じことです。またその直後にお賽銭を入れるのは、家に上がってお土産を渡すのと同じことです。二礼・二拍・一礼にもそれぞれ意味があります。最初の二礼は「お参りに来ました」という挨拶、二拍は神様にこっちを向いてもらうための作法です。そして二礼と二拍の後にお願い事をします。まず自分の名前と住所を念じ、それからお願いの内容を念じましょう。名前と住所が分からなければ神様が願いを叶えに向かうことができません。最後に「よろしくお願いします。お邪魔しました」という気持ちを込めて一礼します。

社務所について。神社でお守りやお札を求める場合、「買う」また「売る」という言葉は原則として使いません。お金を納め、授与してもらう、ということになります。「お守りを買っていこう」という言葉は、厳密にはあまりよろしくありません。
最後にふたたび鳥居の前で一礼する動作は、「お邪魔しました」という気持ちを込めて行いましょう。

長々とご説明しましたが、参拝の際に一番大事なのは気持ちです。多少ルールと異なるやり方でも、あなたが真剣に神様を敬い、願いを聞いてもらいたいという気持ちがあれば、神様はきっと願いを聞き届けてくれるでしょう。